LOADING

Type to search

ぐっすり寝られる!睡眠の質を上げるテクノロジー5選

寝ている女性

日本人の多くは睡眠不足に悩まされていると言われています。たとえば、育児と仕事や家事の両立が難しくどうしても睡眠時間が取れない、残業などで帰宅時間が遅くなってしまう等、理由は様々かもしれません。

しかし、睡眠に掛ける時間が短くなることが、原因で結果的に仕事、家事、勉強のパフォーマンスも落ちていきます。

日中眠いことで、パフォーマンスが落ち、効率が低下して、睡眠時間が短くなるという…何ていう負のスパイラルに陥ってしまいます。

睡眠時間や睡眠の質は、どんな人にとってもかなり重要です。今回は睡眠の質を上げるために役立つテクノロジーをいくつかご紹介していきます。

理想の睡眠時間

睡眠は生活習慣の1つで大人の理想の睡眠時間は7~8時間と言われています。

中には睡眠時間が5時間以下でも健康な生活を送れるショートスリーパーという人達もいるので、それぞれに合った睡眠時間はもちろんあります。

ただ、睡眠時間5時間までなら仕事でのミスは少ないが、睡眠時間が4時間になるとミスを起こしやすくなるという統計も出ているので短すぎるのはやはり健康面やパフォーマンス面を考えると良いとは言えないでしょう。

 

1.タイミングよく起こしてくれるアプリを使って朝日を浴びる

朝起きるのが難しいという方は、睡眠時間を計算し、眠りが浅いタイミングで起こしてくれるアプリを使うのがおすすめです。

朝起きてすぐに朝日を浴びることで睡眠の質を上げることができます。これは、朝日を浴びることで体内時計がリセットされるからです。

朝日を浴びることで「メラトニン」という睡眠ホルモンの分泌を抑制し、眠気が弱くなります。

そして、朝日を浴びてから14~15時間くらいで再度メラトニンの分泌が増加してくるので自然と夜眠くなるため、自然に眠ることができます。

朝日を浴びるだけでぐっすりと眠れるようになり、翌朝すっきりと起きれるようになります。

2.昼寝アプリで疲れをリセット

昼寝専用のアプリを使って夜まで疲れを持ち越さないのも一つの方法です。

昼食を食べた後に眠くなる方は多いと思います。眠い状態で仕事をしてしまうとミスが起こりやすくなってしまい、普段は見落とさないことでも見落としてしまうようになります。

昼寝をすることで仕事中に眠くなるのを防ぎ、ミスを少なくすることができます。

昼寝は、夜の睡眠の3倍効果があると言われており、日中の疲労感を軽減し、集中力をアップさせ、生産性を向上してくれます。

ただ、長時間昼寝をしてしまうとすっきりと起きることができなくなってしまうので昼寝は15~20分くらいを目安に行い、昼寝をする前にはカフェインを摂取するようにしましょう。

職場によっては昼寝をすることができない会社もあると思いますが可能なら昼寝を取り入れ、すっきりとした状態で仕事に取り組みましょう。

3.光目覚まし時計を使う

目覚まし時計は一般的に音で目を覚ますのが多いです。しかし、音で身体を起こしてしまうと身体にはストレスが掛かってしまいます。

光目覚まし時計なら朝日を再現し、自然に身体を起こすことができます。

朝日と同じように体内時計をリセットする効果が期待でき、睡眠と生活リズムを正常に戻してくれます。自然に起きることができるのでおすすめです。

4.まくらぼ×with HOMEで睡眠状況を把握する

2020年4月にKDDIから発表された睡眠IoTサービスでマットレスや布団の下に睡眠モニターを設置することで睡眠状況を測定するサービスです。

睡眠時間やレム睡眠やノンレム睡眠、身体の動きや心拍数などをグラフで表示し、週に1回睡眠に関するアドバイスを受け取ることができます。

プロのアドバイスを受け取ることができるので睡眠の質が向上すること間違いなし。

ただ、睡眠モニターを購入し、with HOMEに加入し、アプリをダウンロードしないと使用することができないので注意しましょう。

5.快眠環境サポートサービスを利用する

Panasonicと西川株式会社が共同で開発したサービスでセンサーが搭載されているマットレス「エアーコネクテッド」と「nishikawa LINK」、「Your Sleep」というアプリをインストールして利用することができます。

マットレスを購入しないといけないのでお金が掛かってしまいますが睡眠時間や睡眠の深さ、目覚めた時の状態などを確認することができるのでおすすめ。

また、アドバイスを受け取ることもできるので睡眠の質の向上に役立てることができます。

まとめ

朝日を浴びたり、昼寝を取り入れたりと簡単にできるモノから最新のIoTを駆使したサービスなど様々なテクノロジーがあります。

睡眠時間は、日常生活の中でも重要な部分になるので睡眠の質を向上させ、豊かな生活を送れるように役立ててみてください。

翻訳する »