LOADING

Type to search

自動運転車はもうすぐ、あなたの目の前に

  • 自動運転車の構想が出てからだいぶ経つと思う
  • いつになったら販売されるの?
  • なにをもって「自動運転」と定義するの?
  • そもそも完全な自動運転車なんて造れるの?

といった疑問を持つ人に向けた記事です。

 

結論として

  • 「完全なる自動運転車」はまだ完成していない
  • 特定条件下での自動運転車はもうすぐ市販化
  • 2021年内に実現する見込み

となります。

その詳細について説明していきます。

 

自動運転の定義

テレビコマーシャルで大手の自動車メーカーが「自動運転機能搭載」「自動ブレーキ」といったフレーズを用いています。

それを聞くと「自動運転って実現したのか?」と思いますよね?

しかし、これらの技術は「一部」自動化に過ぎず、自動運転車とはいえません。

国土交通省によると、自動運転はレベル1から5まで定義付けられています。

 

【自動運転車の定義】

レベル1:運転の支援をしてくれる

レベル2:高度な運転の支援をしてくれる

レベル3:特定条件下での自動運転、ただし無人不可

レベル4:特定条件下での完全な自動運転、無人運転も一部可

レベル5:完全な自動運転=無人での運転

 

レベル1に該当するのは、

  • 自動ブレーキのみ搭載
  • 車線からはみ出さないようにハンドル操作をアシストしてくれる「LKAS=レーンキープアシストシステム」搭載

といった車です。

 

レベル2はさらに、

  • 高速道路など車線が明確で歩行者がいない道路で、アクセルやブレーキといったペダル操作やハンドル操作をしなくても進み、先行する車に速度を調整したり、道路に合わせてハンドルも動いてくれる

と、かなり自動運転に近いレベルとなります。

 

そして、レベル3からが本当の自動運転として定義されます。

レベル2と3には大きな違いがあります。運転の主体が人間なのか、システムなのかと言う点で大きく違います。

 

レベル2はあくまでシステムが人間の補助をしているだけです。

一方、レベル3は運転の主体がシステムになるので、高速道路などの特定条件下では人間の運転手は前を見なくても問題ないのです。

ただし、特定条件下に限られており、システムが手に負えない事態になれば運転手の対応が求められます。

そのため、レベル3は自動運転であるものの、運転手無しでは走れず、無免許の人が乗って運転することもできません。

レベル4は特定の条件下であれば無人運転や完全自動運転となり、レベル5はシステムが全ての運転を行う「完全なる自動運転車」となります。

 

もうすぐ市販される?法整備は大丈夫?

定義上の自動運転であるレベル3の市販車が、2021年内にホンダから発売予定であると発表されています。

そうなってくると気がかりなのは、市販されるレベル3の車が公道を走行するために必要な法整備です。

例えば、レベル3の要素である「運転者が前を見なくても良い」といわれていたのに警察から「前方不注意」で取り締まられた場合にトラブルは必至です。

そういったケースを踏まえて、関連の法律が整備されています。

 

自動運転システムに関する法整備

交通ルールを定めた「道路交通法」ならびに、道路を走る車両の保安基準などを定めた「道路運送車両法」が2020年4月に改正・施行

  • 自動運行装置を使用するドライバーに課せられる義務
  • 作動状態記録装置に関する規定

以上のような法が整備され、

レベル3システムの存在や機能が法的に認められることとなり、条件を満たした自動運転システムは、一般社会で実装し走行することが可能となりました。

 

自動車保険も

事故の際の保険も、自動運転を想定した新ルールが発表されています。

例えば損害保険大手の東京海上日動火災保険の場合。

レベル3の自動運転車が事故を起こした場合でも、翌年の契約で影響する等級は、事故を起こしていないのと同様に据え置かれることが発表されています。

レベル4以上は、車を動かすにあたり、免許が要るのか、責任の所在は誰なのか、といった問題をこれから決めていくことになります。

 

自動運転は、もうすぐ目の前

2021年、ついにレベル3仕様車が登場します。

レベル1.2までは何となく曖昧だった自動運転の定義も、機能の進化や法律の整備により明確になってきました。

レベル4.5の実現に向けた取り組みも進んでおり、自動運転の実現化・一般化は加速していくことでしょう。

また、自動運転技術は各メーカーによる競争でもあります。お気に入りの自動車メーカーがあれば、最新情報もチェックしてみてください。

自動運転車の実現は、もうすぐ目の前です!

翻訳する »